リスニングパワー 口コミ

開発者のスコット・ペリー氏ってどんな人?評判は?

リスニングパワーの開発者であるスコット・ペリー(Scott Perry)氏は、米国UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)出身の言語学者です。日本では「スコット先生」の愛称で呼ばれ、芸能人や各界の著明人の英語(主に発音矯正)トレーナーとして有名です。

 

最近では女優の柴咲コウがハリウッド映画「47rounin」の出演に際して、英語のリスニング訓練と発音矯正を指導したことで有名です。ほかにも中村獅童や真田広之、浅野忠信、竹下景子といった多くの外国映画に出演している有名俳優の英会話力アップをサポートしています。

 

スコット・ペリー氏は日本では何と言っても「リスニングパワー」の開発で有名な人ですが、あの独特の電子音が入ったCD教材には賛否両論があるようです。有名な教材ならではの宿命とも言えますが、中には「こんなモノ聞いて英語のヒアリング力が向上するわけはない。スコット・ペリーは詐欺だ」などというクレームまがいのレビューをしている人も見かけます。

 

個人的には、スコット先生には好感がもてます。よくありがちな英会話の先生というのは、大げさで芝居がかった語り口で話す人をイメージしがちですが、スコット先生は真逆です。トレーナーというわりには非常に控えめな印象で、個人的には普通の人よりもボソボソ話す人という感じを受けました。

 

ハイテンションな先生だと正直聴いていてすぐに疲れるので、スコット先生の低めのテンションは好感が持てるのです。例の電子音についても、私は、英語独特の周波数に耳を慣らすものとして素直に受け入れ、苦痛なく聴けています。

 

>> 管理人のリスニングパワー体験談とレビューへ