リスニングパワー 口コミ

英語の聞き取りがなかなか上手くいかないワケ

中学校、早い人は小学校から英語を勉強しているのに、なかなか英語が聞き取れるようにならないのはどうして?あなたもそんな疑問を持っているかもしれません。

 

英語の聞き取りがなかなか上達しないのにはいくつか理由がありますが、まずは絶対的なリスニングの量が不足している場合。普段の生活で英語を耳にする機会がほとんどなければ、聞き取りができないのも当然ですよね。

 

まずは、リスニング力をあげたいのなら英語を聞く時間を毎日確保することが必要ですが、それだけでは残念ながらまだ聞き取れるようにはならないでしょう。

 

日本語にない音を体で覚える

 

母国語として日本語を話している人が英語を学ぶ際につまづくのが、日本語にはない音です。母音プラス子音で成り立っている日本語と、そうではない英語の違いを体で覚える必要があります。

 

たとえば、「起きなさい!」は日本語ではO-KI-NA-SA-Iですね。最初と最後はOとIの母音のみ。その他はすべて子音プラス母音の組み合わせになっています。

 

「ゲットアップ」と「ゲラッ」の違い

 

これが英語だと、"Get up!"ですが、これは「ゲットアップ」ではありません。カタカナで正確に英語の音を再現するのは難しいですが、「ゲラップ」が近いでしょうか。getのtと、upのuが連結し、音の変化も起こっています。upのpも、日本語の「プ」のようにはっきりと発音しません。

 

日本語だとこの「プ」の音はpuになりますが、英語だとpuではなく、あくまでもpです。弱い音になります。そのため、pの音がまったく聞こえずに、「ゲラッ」と聞こえる人もいるでしょう。頭の中には「ゲットアップ」があるのに、「ゲラッ」では理解できないのも当然です。

 

繰り返し聞くことで日本語にない音は聞き取れる

 

このように、英語と日本語ではそもそも音が異なるため、どうしても耳慣れないものについては聞き取るのが難しくなります。日本語にない音については、繰り返し聞いて練習していくことで必ず聞き取れるようになりますので、諦めずに続けることが大切です。

 

学習時間はそれなりに取っているのに、なかなか英語が聞き取れるようにならないなという人は、日本語にない音に注目して勉強してみてくださいね。

 

>> オススメのリスニング教材の口コミはこちら