リスニングパワー 口コミ

英語中級者がさらにリスニングの力を伸ばすには?

リスニングはある程度できるという中級レベルの人は、分かる範囲が広がって英語を聞くのが楽しくなっている一方で、もしかすると、なかなかそれ以上リスニング力が伸びないスランプ時期にぶち当たっているかもしれませんね。

 

こうなると中には、参考書を手当たり次第に買って勉強し、あまり効果が見られずにガックリ。やる気を失って英語学習そのものをやめてしまう・・・という人も出てきます。しかし、せっかくここまで伸びてきたのにやめてしまうのは非常にもったいないです。

 

苦手な音を集中的に攻略できる

 

中級レベルの人がさらに聞き取りの力を伸ばしていく方法ですが、恐らくほとんどの場合、苦手な音があると思います。たとえば、"next station"のように子音が連続して続く場合。「ネクストステーション」ではなく、「ネクステーション」のようになりますよね。nextのxtと、stationのsが連続するため、音が弱くなり聞き取りにくくなります。

 

このように、苦手な音がハッキリしている場合は、その音が含まれている英文を繰り返し聞き、自分でも何度も発話していきます。録音して聞いてみても良いでしょう。

 

聞いた音を自分で発話してみる

 

いくつかこのようなパターンを覚えて体にしみこませていくことで、苦手な音が少なくなり、もう一段上のリスニング力を獲得することができるようになります。聞き取れていない音は自分で発音することもできませんから、聞いて、口から出す。このコンビネーションは非常に大切です。

 

また、もしあなたが聞き取りたい英語の分野が特定されているのであれば、その分野で使われる単語を意識して覚えていくことも大切です。たとえば、仕事で学会や会議に出席するので、最低限これだけは英語で聞いても分かるようにしておかなくてはいけない。といったような場合ですね。

 

自分の得意分野から単語力を強化

 

英語自体は聞き取れても、単語の意味が分からないので内容をはっきり把握できない場合がありますので、このような場合は専門誌などを用いてどんどん単語力を増やしていきましょう。

 

中級レベルまで達すると、もっと聞き取れるようになりたい、映画や海外ドラマ、ネイティブ同士の会話も日本語のように聞き取れたらいいなとやる気が出てくるでしょう。ぜひ、苦手な音にしぼって学習し、あなたのリスニング力をもうワンランクアップさせてください。

 

>> オススメのリスニング教材の口コミはこちら